2017年8月19日土曜日

基本に戻れ。腹から声を出せ!

 今日は伊賀大会。
昨年は準々決勝から高茶屋さん、桃園さんと逆転で勝ち抜き決勝の栗葉さんとも7回まで3点リードされながらその裏にマナヤのサヨナラ逆転打で優勝している。あの頃から去年のチーム力は安定し攻守とも伸びて来ていた。
 今年はどうだろう。先々週の11日の練習から今日まで練習も休みにしているし、今日は休み明けでどれだけ子供達は動けるだろう。

 今年の夏はとにかく天候不順が続く。晴れ間が続く事が無い。僕としては山登りも行けない。それだけ例年より過ごし易いハズだけどエアコンに慣れた子供達には急に晴れ間が来るとそれだけで動きが鈍くなる。
 開会式の後、試合会場に移動してアップする子供達。辛そうな子もいるが皆、良く頑張っている。それ程今日は心配はいらないようだ。

 キャッチボールは?う~~~ん。ハッキリ言って良く無い。マナヤは腰で回ると言うより身体で回っている感じ。左肩の開きも早く感じる。ピッチング練習でもインステップ気味。余計回る感じ。お尻で前に動いてくる感じが欲しい。
 ユウト7も似ている。頭が左肩に傾き左腕を伸ばしても三本間を差す。マサトは色んな角度から投げる。横、下・・。ユメトはヒザが曲がらない。立ったままの投げ方。

 先週特訓したユウスケは半分元に戻っていた。ユウト11は後ろが大きい。身体の力が有るのに半分も使えていないね。リョウセイはもう一度ボールの握りから直さないと。4シームには成っていない。コウセイは後ろのトップが頭に近すぎ。前で上手く振れていない。色々有るが少しずつ直して行けばいい。練習有るのみ。

 今日の試合は大味な試合。1試合目は殆どが相手にもらった得点。打者二巡も三巡もする攻撃でどれだけいい打球が有っただろうか?ブンペイのレフトへ抜ける低い打球は良かったがそれ以外は無かった。

 2試合目は鈴鹿の旭が丘さん。僕がチームを預かった頃から強い伝統有るチームと聞いていて鳥羽か伊勢の大会で初めて対戦したかな。それから幾度となく各地の大会で対戦している。今の監督さんとそのお父さんが引っ張るチーム。子供達にも厳しい指導だ。今コーチをしている人はその卒団生。彼は2014年の県大会決勝で対戦した亀山のチームの監督を一時されていて、それ以来仲良くさせてもらっている。あの時はいいピッチャーが居て強いチームだったね。

 その旭が丘さんの試合でも初回にミスももらって7点先制。問題はその中味。先の試合で後ろが大きい回るスイングでサードゴロ3つ、ショートゴロ1つのマナヤ。全部前に開き引っ掛けたスイングでまともな当たりは無かった。バットのヘッドが大きくピッチャーに向き右脇が開くスイングを小さく脇を閉めろと言った。この初回の打席はセンターへ高いバウンドの強いゴロが抜ける。これならヒットだよ。もちろん外野を抜いてくれるのは監督は一番喜ぶと思うが、ランナーが2,3塁にいる時は一番頭に入れて欲しいバッティングだ。この初回にチームとして良かったのはフライアウトが無かった事だね。一つでもフライが有ればこうは得点は入っていない。

 2回から少し軟投型のピッチャーに代わったら凡打が続く。それでも4回にマサトのライト前のライナーのヒットやマナヤも同じような強い打球をライトへ。センターから右でヒットになる。こんな打球をイメージしてバッティングして欲しい。

 1試合目に続いて先発したマナヤは初回にセンターの落球やセカンドのファンブル、キャッチの悪送球などバックのミスも有ったが1試合目よりは良かったかな。でもまだフォームチェックは必要だ。
 3回から投げたユウト7はキャッチボールの時とそのまま。2イニングで5四死球はいただけない。普通ならそれだけで試合は決まってしまう。

 もう一つ気になるのはマサトの送球。バックステップで身体が起きて投げる。前に乗って行かない。ユメトは三遊間のゴロに動けない。相手の旭が丘さんの小さなサードはどうだっただろう。三遊間のゴロを全部カットしていたよ。これは大きな差だ。サードは見せるポジションなんだからね。もっと低く早く横に動けるサードを目指して欲しい。ハルトも攻守とも今は万全ではないね。バッティングでは良く振れてはいるが右肩が入り過ぎかな。

 そしてもう一つ大事な事。声が小さい!!本当に小さい!!練習でもそうだがベンチで応援する声も横で聞いているとただしゃべっているだけに聞える。応援してチームメイトを勇気着けるような声では全くない。気持ちがしぼんでしまう声だよ。そんなんだったら黙ってた方がいい。お母さんの一人二人の方が大きいんだから情けない。
 
 来週の練習日は攻守ともしっかり基本練習からやり直そう。発声練習もやろうか。
明日もお天気は大丈夫そうだね。また蒸し暑い一日に成るとは思うけれども、気持ちを切り替えて、連続優勝目指して頑張れ!

2017年8月11日金曜日

真夏から秋に向けて。

 今日は神戸で練習。天候不順が続いて雨も多く、神戸のグランドはさすがに雑草が多かった。グランドも柔らかく湿度もかなりあるだろう。雑草を予想して草刈り機にガソリンを入れて持って行ったがエンジンがかからない。春先に修理して使ったきりだからね。調子を見ておけば良かった。一旦家に持ち帰って少しバラしてみたがガソリンが入って来ない。ああ、またオーバーホールしないと。。

一輪車に積んだ切り取った
イチョウの新芽。
子供達がアップしている間もお父さんやお母さん方も草抜きをしてくれている。倉庫周りの雑草も凄く伸びている。去年に倉庫の横にそびえていたイチョウの木はほぼ根元から伐採されていたが、その大きな切り株の外周から沢山の新芽が伸びて来ていて工事中のフェンスの間からは通れないぐらいに成っていた。地表に伸びている太い根からも新芽が出ている。伐採されてもまだまだこの木は生きているんだね。凄い生命力だなあ、と感心する。新芽を全部切ってしまうのは可哀そうなので太目の2本だけ残した。またもっと生えてくるだろう。また何十年かして大きく成ってくれたら嬉しいなあ。

 そして今日はAチームはお盆前の最後の練習日。Bチームはティーボールの全国大会前の直前の練習だ。当初は午後からAチームの5年生主体とBチームのティーボールの練習試合をするつもりでいたが天気予報は午後からは芳しくない。それでティーボールの試合は10時過ぎからにお願いした。少しでもBチームの調整に成ってくれたらいい。

 そのAとBのティーボール。もちろん打力ではAが勝って当たり前だとは思うがあんまりそうでは無かったな。誰が止まったボールの芯に当てていただろうか。あんまり居なかった気がするなあ。マナヤも何度か打席には立っていたけどティーのスタンドを下げる。ヒザと腰の間ぐらいに。一番楽にバットを振れるんだろうね。身体の近くでポイントを置けるのは良い。でもピッチャーが思い切って投げて来る高目は打てるだろうか。そんな事もこれからもっと上を目指して行くなら取り組んで行って欲しい。

 お昼までに3イニングの3試合を終えた。Bの子達が守るAチームの外野を超えそうな打球の判断はティーボールでは意外と伸びるようで、いいポジショニングをしていても難しそうだ。何度か捕れるかなという打球でも超えて行く。あれが捕れる様に成ればもっと互角以上で戦えるね。Bの子達は良く守る。外野に抜けてもボールはつながって返って来る。全国大会は21日。子供達の頑張りに期待しよう!!

 午後からは守備練習してシートバッティング。その間にそろそろ新チームへ向けて個人レッスンもやりたい。本当はもっと前からやりたかった。まず今日はユウスケ。一番はヒジをひねって投げてしまうクセを直したい。今の投げ方でユウスケとキャッチボールをすると近い距離だとボールの出どころが見えにくく捕りにくく感じる。俗にいうボールの出どころが見にくいフォーム。後ろのトップの位置が低くそこからヒジ中心にひねって来るのでコントロールも難しいはずだ。

 まず耳の後ろのトップの位置から始めたよ。今はこども園の工事の影響でブルペン側には工事フェンスが高く設置されている。そこを壁に見立てて壁にボールを当ててそこから肩を左の腰中心で回して来たら普通に投げれるハズだがユウスケは腰が回って来ない。上体だけが左に傾いてヒジだけ回してくる。
 中々これは直らない。投げる基本で言えば前の肩と後ろの肩が入れ替わるように左の腰で回ればいい。去年で言えばヒロトの良い時はキレイに入れ替わっていた。秋口からの伸びの有るボールはあのフォームだからと思う。マナヤもそこを見直して欲しい。そうしたらもっとスピードは出る。頭が下がって行ったらボールは伸びては行かない。速くても合わされる球だよ。

 ユウスケの今日の課題は左腕の先と右肩を投げる方向に真っ直ぐする事。そこから出来るだけ肩を腰中心に回して来てヒジが前に出て来たところで左腕の先を目印に腕を振ればいい。左腕を下げずにグラブを巻き込むように回して左胸を張れば右肩は勝手に回って来る。それでフィニッシュして左足1本で立ててバランスが取れればいい。今日はやっと少し立てるように成ったよ。また次は時間有れば続きをやろう。ユウスケは言った宿題をしっかりやっておく事。まだまだ気に成る子はいるからね、次もやって行きたい。

 そんな小さなユウスケだけどシートでマナヤのボールをセカンドの上、右中間を抜く打球を打っていた。小さな身体で力が無くてもタイミングさえ合えば速いボールでも返せる。リクトにも同じように打たれていたなあ。そしてユメトのバッティング。高目だったかな、右足を後ろに引いて左肩を入れてセカンド上を狙った打球。高目のボールをこねずにミートする見本のようなバッティング。僕に近い世代の人なら元巨人の高田。最近では中日時代の良い時の井端が良くそんなバッティングで右中間方向を狙っていた。

 身体の力は有るがまだまだ動きが固いユウト11.バッターボックスでは左足からリズムを取るように右、左と体重を移す感じで1,2,3と歩くようにタイミングを取れと教えた。3で振り出せばいい。まずはそれでピッチャーに合わせてタイミングを覚えて行けば良い。いくらバットは振れても肝心なのはタイミングだから。

 そんな途中、3時過ぎには雨が落ちて来る。そして一気に降って来た。子供達はすぐに引き上げさせたがグランドはすぐに水が溜まるぐらいに。練習はこれで終わりに。
明日から来週の伊賀大会までは練習日が無いが一番気を付けたいのは子供達の体調管理。19日にはみんなが元気で出て来れる様にご父兄の皆さまにはお願いします。

 そして今夜は一つの区切り。プチ打ち上げ会を皆さんが開いてくれました。
神戸大会以降、高円宮県大会、労金の予選も去年に続いて優勝してくれた子供達。そのお祝いやずっとサポートして頂く皆さんのご苦労さんも兼ね、これからの真夏のこの時期にも秋に向けてもいい結果が出せるように期待も込めて。

 皆さんとの楽しい時間。アルコールも沢山頂きました。これを機にまたチーム皆で次の目標へ向けて頑張って行きましょう!今夜はありがとうございました。

2017年8月10日木曜日

ボールから入るコントロール!

 高校野球も始まり、中継を見るのも楽しみ。プロ野球よりはずっと面白くて、甲子園なんか行くと3試合でも4試合でも見て帰る。今年は行けそうもないが。。
 少年野球で言えば今日から高円宮の全国大会が神宮球場で始まっているね。試合は明日からみたいだけど。三重代表の三和さん、どこまで頑張ってくれるだろうね。
高円宮全国大会開会式神宮球場。ベース、ピッチャーマウンドは大人用のままだね。
ここからベースは人工芝の上に、マウンドのプレートは前回にはゴムマットを
敷いて16mに合わせていた。(軟式野球連盟さんのFBページよりDL)
この時期にはガールズトーナメントも有る。去年はあのスモールさんの2人達がいて優勝したけれども今年はベスト8ぐらいまで勝ち進んだようだ。軟式の横浜スタジアムでの中学野球の全国大会。今年は練習試合もさせてもらった二見の監督さんの息子さんも出ているようだ。残念ながら1回戦で敗れたようだ。フェイスブックを見れる方は軟式野球連盟のページにアクセスすれば全部解ります。本当に便利。今年も参加予定の甲賀湖南大会もフェイスブックページを作って試合結果まで例年アップしている。神戸大会や津の大会でもペーパーレスでそんな事もやってみてもいいと思うが参加するみんなが使用している訳でもないので中々難しい。作るのは簡単なんだけどね。

 そして高校野球。今年は一つ感じるのはピッチャーの起用。三重県予選では津商は準決勝の大事な試合でエースを先発させなかった。次の事も考えての事だろうけどあの投手リレーを見ると非常に残念に思う。もう一つ、一番は三重高だね。なんで決勝でエースではない?余程調子悪いのか。。いやそうでは無い。先頭四球のあの失点が、あれが全てだったように思う。誰が見ても悔いが残ると思う。三重高野球部OBの知り合いも嘆いていました。。

 8日はBチームの市長表敬訪問で休みを取っていたので、その後は溜まった仕事や用事を全部片づけて夕方に高校野球を見ていた。津田の先発はもちろんエース。中盤からシーソーゲームになり3,4点のリードが一気に同点になったりする。その時の静岡のピッチャーも津田のピッチャーも間合いを取りながら投げていただろうか?
 両ピッチャーとも、リリーフしたピッチャーも全然違ったね。牽制も入れずキャッチからのボールを受けてサイン見て1,2で投げる。殆どが初球か早いカウントの真ん中付近のコースを痛打される。静岡のピッチャーなどには主審が、セットでちゃんと止めるようにと注意しているような場面も見えた。あのリズムで投げてたら打たれるのは当たり前だよ。

 ピンチの時こそ間合いを入れながらボールから入るコントロールが欲しい。バッターとピッチャーは確率の問題でどれだけ相手に考えさせ、迷わせて勝負できるかで大きく変わってくる。打ち気満々のバッターへ初球真ん中付近のストライクなら思い切り振ってくる。ボールで様子を見ながら牽制も入れてじらしながら。。コントロールが無いから取りあえずストライクを、と言うピッチングとは雲泥の差が有る。いくら試合のスピードアップしなさいと言っても勝負事だからね。大事なところは十分時間を使えばいい。バックとリズムを合わしながら。

 一昨年の選抜優勝した智弁のバッテリー。凄味のないピッチャーが準決勝も決勝も全く勝負を急いでいなかった。大体ボールから入り、3ボールになる事が何度か有ってそこから凡打に打ち取っていく。3つのボールをしっかり使っているピッチング。決勝での高松のピッチャーはそうではなくストライクから入り狙われる。

 少年野球でもこれは一緒。ピッチャーにカッカさせたらこっちのリズム。逆にいつでもストライクが取れる余裕が有ればどうだろう。ソウとレイヤ達の西郊中の最後のイニング。特別延長8回裏の守り。先頭の初球真ん中を完璧にやられてしまったけど2ボールぐらいまで投げても良かったしボールから入っていたらどうだったかな。勝負事は結果論だしどう転ぶかは解らない。けれども初球を狙うのと3-2から狙うのとどちらが迷わずに狙いやすいかな。
 そう言ったコントロールを着けるのはまずフォーム作り。そして次は体力と9回投げてもへばらないスタミナ作り。それには走るしかないと思う。他に有るだろうか。。足やヒザの負担を減らすなら自転車も良いだろう。でもこれは慣れないと危険が付きまとう。ああ、ルームランナーみたいなロードバイク用のローラーも有るなあ。

 ソウやレイヤ、3年前の全国を経験したあのメンバーも来年は高校生。みんなが野球を続けてくれている。エースだったケントもケガから復帰してエースで最後の大会を投げたようです。見に行きたかったのですが、大会の後お母さんから写真を送って頂きました。あの頃と変わっていないフォームだね。

今朝は出勤途中に硬式の練習に行くヒロトとも出会った。まだまだ夢はこれから。
 6年生も5年生も先輩達に負けないようにしっかり頑張って欲しいね!

2017年8月8日火曜日

ティーボール全国大会・市長表敬訪問

 昨夜は台風5号がほぼ直撃かも、、と思える状況。午後からは雨風もかなり強かったね。8日に予定されているBチームのティーボール全国大会へ向けた市長表敬訪問も台風の影響でどうなるか解らないので。。と市から連絡も頂いた。今日の8時半に連絡しますと。

 大丈夫とは思っていたが夜10時には風も雨も止み、モモ達連れてお散歩にも行けた。丁度台風が最接近していた頃だと思う。そして夜はあっけなく明け、雨も風もない。予定通り10時からの表敬訪問と成った。

 その市庁の駐車場に車を停めてリージョンプラザへ行く途中に、見覚えの有る人と出会った。確か10年以上前に卒団したカトウのお母さん?お母さんも覚えていてくれて暫く立ち話。。先日の関大会の休憩中にユメトママ達に話していた極端な偏食の子、その子のお母さん。「何でも食べれるように成りました?」なんて聞いてしまったけど、笑いながら相変わらずらしい。もう24歳なんだね。
 写真はその時の新チーム、新人戦優勝した時の写真。この辺りからまともなデジタルカメラが出て来たね。それ以前に僕も高いカメラを買ったが殆ど野球では使えなかった。
2003年秋の新人戦優勝
忘れないのは、あの頃より数年前から子供達の練習のお手伝いに当番制で来てもらうようにご父兄の皆さんにはお願いしていた。するとそのお母さんもグラブを持ってジャージ姿で外野で玉拾いなどをずっとしてくれていた。

 池内監督に見て頂いていた息子達が5年生の頃から練習のお手伝いは僕や決まった人ばかりで中々他のお父さん達は入って来なかった。池内監督と2人しかいない時も有る。前の6年生達が強かったので5年生からの新チームは皆経験も練習も不足で、ただでさえ弱かったチーム。それから僕は父兄の立場で皆さんお願いしたよ。交代で3人以上は練習のサポートに来てもらうようにと。意外にもご父兄の皆さんからは「言ってもらったから入りやすかった」とも言われた。確かにそうかも知れない。
 それから本当に密度濃い練習ができ、そのチームはひと冬の間に一気に強く成った。あれからその先のチームにも引き継がれ、あのカトウのお母さんやご父兄の皆さんも引き継いでくれて今が有る。今のBチームのティーボールでのあのディフェンス能力の高さはそれらが有ってこそ出来る物だろう。それは間違いが無い。一人ではいくら頑張っても出来ない。
 いつも本当に皆さん、ありがとうございます!

 リージョンプラザの会議室での表敬訪問。前葉市長も良く神戸の事は覚えてくれている。高木選手の事も、2014年の北海道への全国大会。この年はティーボールで広島も行ったね。去年も西武ドームだし毎年の様に市長表敬をさせてもらっている。これからも続けて欲しいね!次は野球でもまた全国行けるように!
 今日はご父兄の皆さんも忙しい中、ありがとうございました!
全国での勝利を目指して頑張って下さい。

2017年8月6日日曜日

今に感謝。アツキ・マサトのナイスバッテリー!

 昨日は夜半から雨の音。それでも早朝にはモモ達とお散歩にも行けた。天気予報は11時過ぎ頃までは小雨の予報だ。6時近くに成ると少し強く降って来た。主催者としての判断は台風も近付いているし、これは難しいなあ、、と思っていたら電話が鳴った。5日の日程は6日にスライドに成った。すぐに練習はお昼からにしようと連絡をお願いした。
 その間に、今調子の悪いノートPCをいじりながらもう1台の古いPCで今度のBBQの準備や櫛形への使用申請、自分の用事も色々やっていて、ふと思い出した。
ああ、5日は関大会で出かけるからサッカーに3時頃までは使ってもらってもいい、と連絡していたのを思い出した。代わりに11日は全面一日使えるように交換条件で。
 
 櫛形ではBチームが全国に向けてティーボールの練習もしている。他に練習場所もないし工事中で中庭も使えない。申し訳ないけど、今日の練習中止の連絡を再度お願いした。
 午前中に櫛形へ行くとグランドの北側にブルペンの設置工事を進めてくれている。学校にも了解頂いてもらっている。Bのチビッ子達は行くと皆が寄って来て挨拶してくれる。皆、この雨模様の中でもとても元気だ。3,4年生はティーボールの練習。下の子は軟球で練習している。池内監督もご父兄の皆さんも本当にご苦労さまです。ありがとうございます。

 午後からの空いた時間に車のリコールの修理を無理やり頼みにデーラーへ。高かった一眼フルサイズカメラのリコールも有って、メーカーへやっと送った。ヨメのフィットは、もう真夏だと言うのにやっとスタッドレスからサマータイヤへ入れ替え。普段は中々そんな時間が出来ない。取り合えず、ずっと溜まっていた事が大体終わった。

 6年前の30周年の時の資料を見ているとね、あの時は大震災の年。原発事故の影響で平日の電力供給が怪しく成って来て、僕が勤めていた自動車関連の会社も全て木、金と休みで土、日が仕事に成っていた。土日が仕事だからね、そのままでは練習も試合も出来ない。7月から木、金の夕方。8月は木、金の一日練習。9月は木、金の夕方。そんなグランドの使用許可も神戸小にお願いしに行っている。本当に日本中大変だった。募金活動も子供達と何度かやったなあ。本当に今に感謝だよ。

 そんな事を関のグランドへ向かう車の中で色々思い出していた。大会も一つ二つはやらなかったと思うし、大きな大会での開会式でも自制した内容だった。その年の夏が過ぎた頃に30周年のお楽しみ会、BBQをやったんだね。

 関の大会での開会式。昔から馴染みの監督、代表さんもかなり減ってチームその物も変わって来ている。10年前と変わらないのは3,4チームぐらいかな。以前は津のチームも半分ぐらいは出場していた。どこかのコートで津のリーグ戦か、と思うようなカードも幾つか有ったけど、今年はウチだけだね。
もうちょっと元気に声を出して腕を振れ!!
その開会式を見ていて、その神戸の子達の行進。。余りに元気のない手の振り、下を向いて手も上がらない。一体今まで何の練習をして来たのか!!そんな行進なんて教えていない。アップでもキャッチボールの始まる掛け声でも、みんな人任せ。誰かがやるまでやらない、声も出ない。ずっと遊びの延長なのか。。ミスしたって打たれたって一生懸命の結果なら何も言わない。言わせない。でもそんな調子で試合に入って集中した声、一生懸命のプレーが出来るのか!とても残念だった。シートノックでも中心選手が監督から同じような事で叱られている。野球の練習も個々のレベルUPも大事だがまずはそこから変えて行って欲しい。

 そんな事を1試合目に終わった時に皆に伝えた。先週の和歌山遠征での貴志さん。あのチームと初めて試合をした時、アップの時からとにかく皆が大きな声で繫いでいた。途切れる事なく。それを見てとっても新鮮で若い監督さんに「あの声を出すのにどんな練習をしているんですか?」と聞いた。
 すると「まず声を出して行進の練習をして声も足も揃える。そこから練習始める。野球はその後。」と。あれから何度かそんな練習も取り入れた。試合前に全員並ばせて発生練習もやった。2008年の初めての高円宮県大会の緊張ビリビリの初戦。試合前に霞ヶ浦の外野の外で皆でいつもの発生練習を5分近くやったよ。沢山の人が見ている前で。あの初戦は完璧な内容だったなあ。

 そして今日の第一試合は野登さん。亀山地区では力の有るチームだ。
先発したアツキは開かなければ大体ボールは来る。小さい身体以上にボールも伸びて来るように成って来た。先週の和歌山でもボールは大体良かった。後は攻め方だけ。今日のキャッチ、マサトにはインコースもしっかり使え、たまには抜いたボールも、と伝えた。
 マサトのリードはベンチから見る限り、イン、アウトを使い分けとても良かった。後は速いボールよりも少し抜いたボールでストライクが取れるように成ったらいう事は無い。
3回でヒットはレフト越えの3塁打と高いバウンドの三遊間で1失点だけ。それも何でもないエラーが無ければ得点も無いだろう。四球も無いナイスバッテリーだった。

 4回はケイジロウ。ケイジロウは肩が上手く後ろから前に入れ替わる。もう少し下半身が着いたらスピードも伸びて来るだろう、三者凡退で抑える。
 そして5回はマナヤ。アップではいいボールが来るがマウンドでストライクに今は苦労するね。この回2四球、WPで1失点。一番嫌な失点だよ。県大会に向けて投げ込みもフォームチェックも必要かな。

 攻撃では先頭リュウガが外高めのボール球だろう空振り。2,3打席もただのフライで1番の役目が果たせていない。その後、マサト四球、エラーで2,3塁からマナヤは大きな飛球だが詰まって上がった打球。リュウガなら充分捕れるよね。これが抜けてその後もミスをもらいこの回3点。皆にも後で言ったけどこれは普通なら無かった得点だよ。喜んでいてはいけない。
 2回にもブンペイ3塁でのスクイズ空振り。これもミスで1点貰った。次もライトの浅いフライ。これも相手のミスと言って良いだろう、犠牲フライに成る。思い切って走ったランナーは攻めないけどね。

 3回にはハルトのヒットからユメトのライト前に落ちるヒットで1点。
4回にはマサトのセンター前ヒット、盗塁で2塁から今度はマナヤの完璧な右中間のライナーの打球。これなら誰が守っても捕れない打球だよ。素晴らしい打球だったね。いつもこんな打球をイメージして打て。

 2試合目は水口さん。滋賀のマクドにも出ている力の有るチームだ。数年前の監督さんは変わられて今日は初めてお会いする監督さんだった。
その初回。リュウガは1番を外れて9番へ。ケイジロウがいい当りのショートゴロの後、マサトはピッチャー強襲のヒット。ハルト四球で2,3塁からマナヤのセンター越え2塁打で2点。この後の2死満塁までのチャンスを作りながら追加点取れず。
 水口さんのピッチャー10番はカッカするタイプだね。一本調子に勢いで行ってしまうとやられるタイプだ。水口さんの監督さんは2回から攻め方を完璧に変えさせて殆ど速いボールは投げさせない。その後の2,3,4回は緩いボールに打ち急ぎチャンスも作れない。

 逆に3回、先頭四球の後のその10番が打つと打球はレフト頭上を超える完璧なHRで同点に。先発したユウト7はボールの伸びなら今はマナヤ以上かも知れないがストライクが定まらない。1,2回は四球やヒットを打たれてもバックがDPなどでしのいだりしてくれていたが、このHRの後、また2四球を出し、アツキに交代した。

 アツキは次の4回、9番に四球。2死までこぎつけながらまた10番に今度は3塁線を抜かれる打球がこれもHRに成って2点勝ち越された。サードのユメトはファーストへの送球も低く良く成ったが守備姿勢が高い。ヒザが落ちないので速い低い打球は上からのグラブに成ってしまうので左右のそういう打球は弱い。これを低く構えてアウトに出来なくても止めて欲しい。一番のホットコーナーなんだから。

 2点勝ち越されたもう時間切れに成るだろう5回表。9番に入った先頭リュウガが3塁線バント安打で出塁。打てなくてもこれで良いんだよ。ケイジロウ四球でマサトはストライクバント。フィルディングのいい相手のピッチャー10番はすぐに三塁線に走る。殺した打球ならマサトはアウトかも知れない。プッシュ気味のバントの打球はそれより早くショート前に転がり誰も投げれない。
 満塁でハルトの打球はライトが追い付いたがグラブから打球をこぼす。それを見てスタートしたランナーもアウトに成らなかったのがラッキーだった。1点入り、マナヤの高いバウンドのショートゴロで同点。2,3塁からユメト。前進守備のセカンドの頭を超えるとっても貴重な2点タイムリー。大きなヒットだった。ブンペイのセンターオーバー3塁打まで続き、その後アツキはキチンとスクイズを決めてこの回6点で一気に逆転出来た。

 その裏もアツキはしっかり打たせて抑えて連勝。今年もこの大会、ブロック優勝出来たね、ナイスピッチング、マサトもナイスリードだったよ。
ピッチャーで言えば、マナヤもユウト7もアツキよりずっとボールの力は有る。でもバックにとって守りやすいピッチングって何だろう。四球やWPを出す事ではないよね。打たれたいい打球でもポジショニングが良ければアウトに出来る。それがチームでやる、皆で考えてやる野球だよ。もう一度しっかりフォームを見直そう。

 今夜はその後にリーグの総会。秋のマクドの組合せも決まった。その前に伊賀大会も労金杯の県大会もある。しっかり課題を整理してベストに持って行こう!!
 また8月26日の土曜には野外活動センターでA・Bチーム皆のBBQお楽しみ会もやります。OBの皆さん、卒団生のみんなも時間有れば是非遊びに来て下さい。飲んで泊まりたい方は事前に連絡もらえれば宿泊も出来ます。皆で楽しみましょう!
 これからも応援よろしくお願いします。

2017年7月30日日曜日

和歌山・雨の後のモクモク。

 少しアルコールが残る朝。まだ外は暗い。少しまた眠って時間は5時前。雲が空を覆っているが雨は大丈夫。まず身体を目覚めさせるのにお風呂に入った。いつもならモモ達とのお散歩。この時期なら2人のお散歩終えたら背中は少し汗ばみいい運動に成る。お風呂を上がったら外へ散歩に行こうと思っていた。
 ところが5時半も回ると雨が落ちて来る。ホテルの窓から見る下の道路や車の屋根を雨が叩きしぶきが上がる。時間が経つにつれ雨足も強く成って来た。

 これだけ降り続いたら出来るかなあ。。
天気予報を見たら雨雲は暫く有りそう。止んでも8時頃だろうか。グランドの水はけはどの程度なのか、気にはなるがお天気だから仕方無し。まだ時間は早いし連絡はもう少し待ってみよう。

 6時頃に食道に行くともう皆さんが朝食を食べていた。子供達は別館だね。雨はまだ強く成って来ている。7時前には主催者に確認をすると根来の担当のチームから暫くしたら連絡してもらう、と言う事だった。
 そして根来の会場へ向かう途中、「グランドは水浸しで上がったとしても早くてお昼過ぎからかなあ、」と連絡が来る。大体出来てもそれぐらいからだろう、と想像はしていたがもうホテルは出ているしそこまでは待てない。待って試合をしても帰りも遅くなるだろう。もう他に帰っているチームもいるようだ。この後すぐに主催者には申し訳ないが、とお断りの連絡を入れた。残念だけど仕方無いね。幸いお昼のお弁当のキャンセルもこの時間ならまだ間に有った。

 一旦根来の若者広場のグランドに集まり、そこから揃って帰る。まずは岸和田SAで休憩とお土産タイム。ゆっくり時間を使っている間に西名阪の事故渋滞も解消され名阪の針インターまでスムーズに帰れた。時間はまだ10時半頃。雨雲は東に動いて来ているしこのまま帰っても雨が有るかもしれない。お昼から神戸で練習もいいが、集中した練習は余り望めないだろう。監督とも相談して帰ったら練習は無しで解散と決めた。

モクモクファームの入口。
  お母さん方から帰りにどこかで昼食でも、と相談を受けて暫くして浮かんだのがここからなら帰る途中のモクモクファーム。日曜だし一杯だろうが子供達も少しは楽しめるだろう。すぐに出発して40分足らずで到着。お母さん方は持ち込みのお昼の買い出しもしてくれている。皆で入園して軽く食事して後は2時間ちょっとの自由時間。雨も降っては来たがそれ程強くもなく、暫くして止んだ。子供達は雨でも外で回って遊んでいる。敗戦のショックも無く、まあ元気だね。少しはいい思い出になっただろうか。


雨の中でザリガニ釣り。


  少し早めにみんな集まって来てモクモクファームを出て神戸に戻った。
今回の和歌山遠征は初めての雨の経験。このところの気象状況ではどこで何が起こっても不思議ではないぐらいだ。そんな後でも皆さんのお陰で子供達も楽しんで帰って来れたと思います。バスを手配頂いた皆さま、道中、アルコールをガマンしながら安全運転してくれたお父さん。皆さん本当にありがとうございました。
 まだまだ暑い日が続きますが来週もお盆明けも大会が続きます。その後はチーム全体でのBBQも控えています。暑い夏も楽しい思い出一杯で過ごせるように、ご父兄の皆さまには、これからも応援よろしくお願いします!!

2017年7月29日土曜日

課題多き和歌山の初日。

 今日は和歌山遠征。空模様は雲が多く低い。和歌山方面の予報も余り良くは無かったが少しぐらい雲が多い方がいい。とにかく和歌山は暑い印象が有る。
6時半に神戸を出発の予定で集合した。みんな揃っている。皆さんがバスを借りて来てくれて子供達やお母さん方はバスへ。子供達は遠足気分の様だね。

 40分頃に出発し、津から高速に乗り、関から名阪、西名阪と走る。阪和道路も渋滞無く順調。休憩もいつもより少なく高速は香芝で休んだだけ。車酔いしたり調子が悪くなる子も無くねごろの道の駅で休憩して今日の試合会場の貴志川スポーツ公園に10時頃に着いた。雲が多いとは言え、グランド周辺はやっぱり暑い。山の中なんだけど風が通りにくいのも有るのか。グランドの照り返しが本当に暑く感じる。

 軽くアップして休憩。試合までの間に少しおにぎりを食べてベンチに入った。子供達も暑いだろうが幸い食べれない子はいない。夏はとにかく食べないとね。
今日の1試合目はこの大会の組合せなどを準備してくれた代表さんのいる貴志さん。前の丸栖さんとの試合を少し見ていたがいい打球を飛ばしていた。

 1回の表、リュウガ四球、1死3塁からハルトのセンターオーバーのHRで2点先制。ハルトはこのところちょっと強引気味かな。低目、高めのボール気味の球に手を出すのが目に着く。この打席でも見送ればボールとも思う。自分のストライクゾーンなら良いとは思うが。

 その裏、2死からセンター方向の高いバウンドの打球が抜ける。盗塁されて4番にライト前に返され1点返される。マサトも疲れは有ると思うがキャッチでは立ち上がってしまうね。投げるまでに時間もかかるし速いボールも行かない。ちょっと修正必要と感じる。

 2回は1死満塁からマサト、ハルトでバントミスのキャッチフライと内野ゴロで点が取れず。1点も取れない、こんなところが後後の結果に一番響いてくる。その裏マナヤは先頭に四球、簡単に盗塁され進塁されて一番やってはいけないWPで同点。この時期にこれは無くさないとね。

 4回に2死1,3塁でマナヤ。前の打席ではボール球に手を出し三振。高目、低目、とにかく広く成っている。ヒッチでもバットのヘッドが前に大きく入り右脇は大きく空く。これではグリップなんて先に出て来ないよ。ヘッドの入りを小さく軽く脇を閉めるぐらいの気持ちで振れ、とこの打席の前に注意した。聞いてくれたのかどうかは解らないが外のボール気味のボールを少し泳ぎ気味でも左手一本でミートするような打球が左中間を抜けてHRと成り3点。あれで超えて行くんだからね。腰が残って身体の前でミートしてくれたらあれだけ片手でも飛ぶんだよ。

 その裏、そして次の5回裏に4番、3番に右中間を抜かれて2失点。1点差に成ったが7回にはマナヤのライト前えのポテンヒット。この後のブンペイのライト越えなどで2点を貰い3点リードで7回裏。普通なら終わらせないといけない。でも気になるのは攻撃でのマナヤの走塁。足、膝の疲れは有る様に見えた。

 その裏、先頭にセカンドゴロ。アツキは逆シングルで入ろうとしたがボールはセカンド方向へはじいている。そして一番嫌な四球の後も簡単に走られて、WPも有り無死2,3塁。良く粘った2番の打球はレフトへゴロで抜けるヒット。前進守備で無かったらいつものハルトなら止めていただろう。ところがその打球。正面に入ったユウト7は腰を下ろして捕ろうとしたが打球はそのまま抜けて行く。。タイムリーエラーのHRと成って同点。ミスを叱るつもりは無いがユウト7は打席でも粗さが目立つ。この経験もとても貴重。そう経験出来るものでもない。バッティングでも同じだけど、頭の切り替えをしてミスや失敗の整理をして次につなげて行けるように頑張てくれたらいい。でも同じ失敗はダメだよ。
 
  7回裏でもう勝ちは無くなった。その後も連続ヒットを打たれ1,2塁。5番のバントをマナヤは1塁へ中途半端な緩い送球。ファーストの手前でバウンドしてケイジロウは捕れず無死満塁。何とか2死までこぎつけたがアウトを取れるハズのランナーを中途半端なミスで出してしまうのが命取りになる。この後、最後は初球DBで押し出しでゲーム。バックのミスも致命的でマナヤを責めるのは可哀そうだけど、マナヤはエースなんだからね。今日の経験をしっかりと整理しておいて欲しい。

 悔しい敗戦の後に食事をして2試合目は丸栖さん。確か4年前に対戦したがあの時はまだチームが出来ていなかった。でも色々と段取りしてくれた若い監督さんは後で産直の桃を一箱持って来てくれて皆で頂いた。美味しかったなあ。

 先発はアツキ。小さな体で良く投げていた。スタメンはアツキとライトに入ったマサト以外は5年生。どこまで守れるだろう。キャッチはブンペイだが動きが悪い。。試合でのキャッチよりも暑さに参っているようだ。そんな事ではダメだよブンペイ!
 
 その心配したディフェンス。先頭のセンター前へのゴロのヒット。これは仕方無いが正面で止めたように見えたボールが後ろへ抜けて行く。バッターランナーはホームへ。4番にはレフトオーバーのHR。これは仕方ないだろうが。。

 2回は先頭四球から9番はセカンドゴロ。逆シングルで入ろうとしたセカンドの下をボールは抜けて行く。それがまたセンターも抜けて行く。なんで。。
ショートエラーも有る。三塁線を抜かれて長打も有る。サードも動けない。どこのポジションもそうだが抜かれたいけない所、状況でのポジショニングを覚えて欲しい。捕れるハズ、捕らなければいけない打ち取ったフライが落ちる。2回6点、3回にも3点を追加され4回から6年生達が交代しながら反撃するがとても追いつかない。
 バッティングでもいい打球は見当たらなかった。

 今日の2試合で特に思うのはバッテリーの配球。1試合目のマナヤにはアップではいいボールが来ている。速いボールと時折抜いたボールも使うようにと2人には伝えた。ベンチから見るボールは普通のボールに見える。何球かはいい速いボールも有る。抜いたボールも使っていたから何でもないボールと速いボールの差は何なのか?フォームや腕の振りで何でもないボールに成っていないかな。。リードももっとインコースを攻めて欲しい。

 2試合目のブンペイのリード。殆どが外低めのストライクを取ろうとするリード。相手の丸栖さんの素振りを見たかな?中軸や身体の大きい子は身体を前に動かさずホームベースの上でゴルフスイングに近く、振りぬくスイング。そのリードでは全部狙われる、丁度そこに合うリード。全部拾われるよ。ボール球でもいいからインコースを速いボールで攻めろ、と言った。かなり暑さで参っていたようだったけどね。次のイニングは三者凡退。相手を見て考えて攻めれば、アツキのボールでも充分に抑えられるんだよ。

 曇り空から時折晴れ間のお天気だったがやっぱり和歌山は暑い。同じ温度でも津の山風、海風の涼しさとは大きく違うね。特にグランド回りの照り返しが強く感じる。
課題だらけの試合を終えて和歌山市内のホテルへ向かう。ホテルは和歌山市駅のすぐ近く。高校生の頃、この市駅から和歌山城辺り来た事が有るがあの頃の印象とはかけ離れて寂れた感じがするなあ。

 夕食は岩出のすたみな太郎の食い放題のレストランへ。ホテルではお風呂入ってスッキリしたけどお腹も空いているし喉も乾いている。一杯目のビール、本当に美味かった!
暑さで食べれない子もいないようだ。本当に疲れていたらそうは食べれないからね。まだまだ余力は有ると言う事だろう。
 お腹も喉も落ち着いた頃にご父兄がわざわざケーキ屋さんで用意してくれたんだね。マサトが可愛いショートケーキを渡してくれて皆さんが僕の一足早い誕生日をお祝いしてくれました。皆さん、本当にありがとう!とっても嬉しいです!50を超え、体力の衰えは感じても、60歳を超えても、こうして元気で頑張っていられるのは皆さんのお陰。子供達の涙や笑顔や皆さんの励ましや心遣いが大きなエネルギーと力に成っています。これからも子供達の応援をよろしくお願いします!
63歳に成りました。皆さんいつも本当にありがとう!
お腹一杯に成ってビールも4杯お代わりしてホテルへ戻り、その後は部屋でお父さん方と遅くまでお酒を飲みながら色々と楽しい時間。時間はアッと言う間。明日も試合が有るし日付が変わる前には解散しました。子供達や野球の話をネタにしながらの本当に楽しい時間、皆さんありがとうございました。明日もよろしくお願いします!