2016年8月21日日曜日

7回裏3点差2死。。伊賀大会まさかのミラクルV!!

 今日は伊賀大会2日目。
津は早朝に雨が降ったようだね。5時過ぎには起きてマーキュリーとお散歩に出かけたが夜は疲れて雨にも気付かず寝切っていた。

 今日は2試合目からなので7時40分に神戸を出発。行く途中にもスコールは来たが伊賀は大丈夫だろう。
今日も2人が休み。10人では何が有るか解らない。今日も申し訳ないけど4年生のケイジロウを合流してもらう様にお願いした。特に県大会では最低10人いないと試合は出来ない。
数年前に鏡浦さんが労金杯に出場した時に風邪で休みが出て、9人での出場に成った。ところが大会委員は10人に満たないからと試合を棄権させ、7-0のコールド負けと記録上はした。もちろん試合は出来ない。とっても可哀そうだったね。県大会まで勝ち抜いて来て試合出来ずに負けるんだから。
 今回の県大会も12人のメンバーで登録している。今回のケイジロウの様に代役は認められない。県体会までに怪我や体調不良だけは無い様にして欲しい、とご父兄の皆さまには特に管理をお願いしたいと願います。

 会場に着いても今日の子供達の動きはまだまだ甘い。ダラダラ、ブラブラ。暑い中でのアップはまだ許せる。でもキャッチボールはちゃんとやる前に指示したのにダラダラダラダラ。。いつまで経っても始まらない。キャッチボールのカバーにまわるヒロト。声を出しているのか!!!今、キャッチボールも出来ないエースが何が出来るんだ!!声も出せないなら走っとけ!!!
いつまで経ってもチームもヒロトも意識が無さすぎる。また叱ってしまった。

 そんな状況で始まった試合。準々決勝は高茶屋さん。1番が投げて来たらそうは打てないだろう。高茶屋さんの先発は左の3番。その緩いボールが打てない。
2回にカツミの四球からコウセイが送り2塁。投げれないけど来週は県大会だから試合勘も必要だからとヒロトを7番に入れたが、WPで3塁へ走ったカツミへの3塁の送球が後ろへ抜けラッキーな先制点が入った。その後もヒロトのバント安打などチャンスを作ったが後続が続かない。

 2回途中から高茶屋さんはピッチャーを1番に代え、その後は全く打てていない。2回のリュウガから5回まで8三振。全く手が出ていなかった。

 先発したマナヤは不安定ながら無四球でしのいでくる。高茶屋さんの上位打線もしっかり抑えている。けれども5回。3回目の打席の1番に左中間を大きく抜かれた。転がる打球を追うリュウガのスピードは見ていても速い。ヒロトよりも先に追いつきショートへ返しボールは内野までノーミスで戻って来たがホームは間に合わない。でもこれでOKだよ。ちゃんと狙い通りの打球へのカバーと中継が出来ていたから。100+2,30mは有るだろうね。あのフェンスまでは。それを戻して来たんだから。

 5回にそのHRで同点に成り、時間切れの6回裏、先頭のハルトが背中に四球。相当痛かっただろうね。ピンチ代走でハルキを出し、牽制悪送球で2塁。
今日はソウイチロウを2番に入れた。昨日の試合での投球も自分中心のプレーにしか見え無かったのでソウイチロウにはチームの為に出来る事を覚えて欲しい。思い切りのいいスイングが有るからしばらくは5,6番ぐらいで好きに打たせようと試していたがそれも余り結果が出ていない。リュウガがバント出来ない事も有る。だからソウイチロウを2番に入れて、もう一度チームプレーに徹して欲しい。そしてソウイチロウはちゃんとバントを決めたが、スタートが遅れたハルキは3塁でアウト。これも仕方無し。でも転がした事でソウイチロウが1塁に残った。

 そしてハヤト。それまで三振の山だったからね。カウントを探りながらハヤトにはランをかけた。狙い通りにハヤトはセカンド方向へ転がす。ランナーカバーに入ろうとしたセカンドの反対側に。
1死1,2塁でマナヤ。マナヤも前の打席、押されてセカンドフライ。バットを寝かせて小さく前へ、ひと握り短く持って!何度もそれを前の打席から言った。そしてマナヤは追い込まれながらも打球は右中間を抜けて行く。長く持っていたら絶対に詰まってセカンドフライに成っていたよ。短く持っていた分少しヘッドが早くスピードに負けなかった。

 サヨナラでこの試合を勝ち、次は桃園さん。もしこれも勝てば次は多分栗葉さんだろう。何だか津のリーグ戦模様を呈して来たような。。
マナヤは前の試合、6回投げている。もう何が有っても無理はさせない。来週は県大会なんだから。そして先発は昨日にソウイチロウをリリーフして後半2イニングは良かったカツミ。
 
 その初回、四球、投手前の高いバウンドの打球が処理できず無死2,3塁のいきなりのピンチ。
ディフェンスは2点覚悟のシフトを指示した。そして三振、レフトフライ、サードゴロでピンチをしのぐ。その裏に先頭ハルトがヒットで出てソウイチロウがしっかり送ってくれた。これでつないでくれるとベンチとしてもとても有りがたい。得点出来なくても形に成るゲームが出来るよ。

 3回にヒットから2死3塁と成って4番の打球はファーストゴロ。マナヤはこれをはじいて1点先制される。マナヤはファーストでヒザに手を着いて構える。ここで一つ動作が遅れる。これもこれから練習して行こう。

 そしてその裏、ハルトが四球で出てキャッチは強肩だがピッチャーのモーションは大きく解り易い。サインは出さなかったが、リードはしっかり取れている。行ければ行け、とは言った。完璧にモーションを盗んで2塁。ソウイチロウはバント失敗の後ショートの三遊間寄りへ強い打球。その後の送球が悪送球でファーストを抜けハルトがホームへ。盗塁出来た事が得点につながった。何よりその盗塁が大きなポイントだった。もう1点欲しい。ハヤトには3塁線バントを指示。その通りに転がり内野安打で1,3塁に成った。
 そしてマナヤ。前の打席は三振。引っ張らずにセンター狙い。打球はセンターを超えて行く。
HRと成ってこの回4点で逆転。
4回にヒット、ミスの1死2,3塁からライト前の打球で1点返されたが深い守備のユメトが良く投げてファーストはアウトで2死。次の打球も深いユメトの前に落ちる打球だったが、その前にセカンドのコウセイには少しファースト側に寄せた。コウセイは打球に走りこれを好捕。これもね、とっても大きなプレーだよ。普通なら落ちる打球。それで1点差に成り、二人ランナーが残ってしまうところだった。

 何とかこの試合を逃げ切り、いよいよ決勝戦。やっぱり相手は栗葉さん。もう無理はしたくないしね。ピッチャーはソウイチロウにアップさせた。昨日にも言ったけど気持ちを出すつなぐプレーを見せてくれたらいい。
その初回、先頭に四球。送りバントにハルトも中途半端な送球でオールセーフ。ここで一番警戒の1番がスクイズ。1点取られたが1死は取れた。これはラッキーだと考えるべき。その後に四球。2死と成ったが3塁へのハヤトからの送球がそれて2点目。その後また連続四球で満塁。
 ここで仕方なくカツミに交代。ここはライトフライでミスや4四球を出しながら2点で終えたのはとてもラッキーだった。

 カツミはその後、ヒットやバックのミスも有りながら4回の2死3塁からの1番のセンターを抜ける打球で3失点目を取られたが良くコウセイが2塁で止めた。これもファインプレー。HRに成っても仕方の無い打球だよ。
3点リードされながらその他のピンチも良くしのいで7回をカツミは投げぬいてくれた。1回途中から無四球だからね。前の試合も4イニング投げている。疲れも有ったのか力みが少なかったのも良かったかな。県体会に向けて一つ嬉しい誤算だよ。

 打線は相手のミスも有ってもらった2回の2死満塁以外はチャンスも生まれない。
やっと6回に1死満塁まで攻めたがカツミはファウルフライ。バッティングでは力みが有るんだろうね。もっと力を抜こう。

 いよいよ7回裏、3点差。打線は下位打線。つないで行かないと上位には回らない。
ハルキが先頭四球で出た。セカンドはケイジロウに守らせていて、前の試合まで打席ではいいところが無かったリュウガを外していた。そしてここでリュウガを代打。栗葉さんはここでピッチャーを1番から5番に交代させた。確かにボールは増えて来ていたし疲れも有ったのかも知れない。リュウガも四球で出て、ユメトは内野ゴロ、ハルトもキャッチゴロで2死2,3塁と成った。そしてソウイチロウ。打つしかないよ。打球は三遊間。これが内野安打と成りやっと1点。そして1,3塁でハヤト。

 廻って来た最後のチャンス。タイムをかけてハヤトには外野を抜かないと勝てない。ショートの頭を抜く打球だけを狙え、そのボールだけを絞れ、と伝えた。ハヤトは慌てずボールを選び四球で満塁でマナヤ。マナヤにも左中間だけ。
 その初球、真ん中低め寄りのボールかな、打球はセンター横をその通りに超えて行く。フェンスまで転がりハヤトも一気に返ってまさかの逆転サヨナラと成った!



 この試合もそうだが欲は無かった。ヒロトが投げれない守れない今の状況でここまで来れたのは不思議なぐらい。関大会や前の試合でも余りいいところが無かったマナヤのバッティングが今日は本当に大事なところで3本とも試合を決める打球を放っている。
バックのミスが有りながら、劣勢の中でカツミは良く踏ん張ってくれた。何と言っても無四球だからね。これも大きな収穫。
 痛いミスを経験したヒロトも牽制アウトに成ったハルキもいい経験が出来ただろう。ソウイチロウもバットではしっかりチームの中でつなぎ役に徹してくれた。次は守りでももっと声を出して引っ張って欲しい。

 まさかのミラクル、逆転サヨナラV。伊賀大会の優勝は僕の知る限り初めて。準優勝は僕の息子達の時に2年連続で2回。
この暑い中で応援に来て頂いた、ご父兄の皆さんも大喜びで本当に嬉しい優勝。
子供達には厳しく言うが、この暑さの中で良く頑張ってくれたね。
ミスが有っても四球を出しても皆でカバーすれば最少失点で終える事も出来る。それが今日の一番の勝因だよ。
 そして沢山のチームの子供達やご父兄が見守る決勝戦。今までなら初回で崩れていただろうね。それを最小でしのいで来て最後に素晴らしい試合が出来た。見てくれていた皆さんの前でいい試合が出来たのも、とても嬉しい。
優勝ご褒美の道の駅でのソフトクリーム!美味しかったね!

 いよいよ来週は労金の県大会。今日の決勝戦の様に7イニング、諦めずに最後までチーム皆で全力で頑張ろう!!今日はとっても美味しいビールでした!!
今日はみんなおめでとう!皆さん、本当にありがとうございました!

2016年8月20日土曜日

声でつないで、もっと楽しくやろう!!

 今日は伊賀大会。
関大会が終わってお盆の13,14日と都合も有って練習もお休みにしていたので子供達とは2週間振りだ。みんな元気だろうか。。。

 モモ達のお散歩終えて出かける準備をしていたら電話。1人遅れそうだ。
グランドに行くとご父兄の皆さんが荷物も積みこんでくれていたが人数が少ない。もう1人遅れそう。。あと2人は体調不良で休み。。。もう人数が足らないよ。。
Bの監督さんにもお願いして1人出してもらった。ちょっと朝からバタバタ。

 伊賀グランドでの開会式には8人。今までにこんな事はなかったね。子供達の体調管理もしっかりして頂きたいと思う。
そんな開会式を見ながらさほど暑くも無い朝の時間。そんな中でも何人かは抱えられて列を離れて行く。予想通りだったが、整列する選手達の姿にもこの数年、か細さを感じる。暑い中でもしっかり練習や試合が出来る体力を付ける。今までは練習でも、もっと詰めてやって来たがこの時代や環境、子供達の身体能力の差が見に見えるぐらいに感じるように成って来た。一昔前のやり方ではもう通用しない、と思う。無理をしたら壊れてしまうだけ。子供達の心身共のベストの状態に持って行く。そんな方向性が必要だろう。

 開会式の後、すぐに会場移動して伊賀まちのグランドに着いたが、もう9時。試合開始まで30分しか無い。早めにアップしてキャッチボール。その時にメンバー表を書いていたがヒロトは山なりのボール。それではこの広いグランド。スタメンには出せないよ。すぐにキャッチボールを止めさせて一度書いたメンバー表をまた書き直した。
 背番号1はヒロトだよ!身体が固いのは解っているんだからストレッチもしっかりやって徹底してトレーニングしているか?体力や持久力アップにランニングは欠かさずやっているか?このAチームの背番号1だよ!

 1試合目は関大会で対戦した関さん。相手のミスも有って勝利はしたが、今回はどうだろう。
先発したマナヤは高めに大きく外れるボールが多い。4回で4四球。初回には先頭から連続四球。
ワインドアップで投げる時に一旦右ひざが沈む。いい時はもっと真っ直ぐ左のお尻から出ていた。沈む分上を向く。上下のコントロールが難しい様に見える。
それでも要所は抑えて1安打の無失点。セットからの投球の方が安定はしていたね。調子の悪いマナヤをハヤトも良く引っ張ってくれていた。

 打線は大柄なピッチャーの速いボールに全く手が出ない。特に3,4,5番は2試合目も含めて全くいいところが無かった。緩いボールにもタイミングが合っていない。
2回に2四球などで2死満塁でリュウガ。バットを短く持たせて振った打球は低いいい当りのセカンド横のゴロ。それが抜けてセンターもミスする間にHRと成りラッキーな4点が入ったが、その後もチャンスらしいチャンスは無い。
 
 ミスでもらった点で勝った試合。その次の試合も内容はとてもお粗末だった。
マナヤは4イニングだけだから後3イニング投げさせても良かった。でもいま、無理はしない。
マサトもいないし、次はソウイチロウ。アップでもまずまず。でも一番見せて欲しいのは声をつないで、気持ちを見せてくれる投球をする事。念の為にカツミもアップさせたが本当は1試合投げ切って欲しい。

 その初回、1死後に四球。エンドラン空振りの後、ショート前に高いバウンドのゴロ。ハルトはダッシュして来たが届かない。先制されたのは仕方ないが四球がもったいない。
続く2回には2四球で1死1,3塁と成ったところでカツミに交代。
カツミはこの時に3塁に疑投から1塁へ投げたみたいだね。プレートを外していれば良かったが主審はボークの宣告。でもまだここはね、慣れてないから仕方無し。1点で済んで良かったと思ったほど。

 それでもこの後の投球はハヤトが本当に上手くリードして緩急も使って2イニングで3三振を取っている。ストライクさえ入るコントロールが有ればそんなにスピードが無くてもこれが出来るんだよ。
打線は緩いボールに殆どタイミングが合わない。3,4,5番の打順は替えたがファウルの快音は聞こえてもフェアゾーンへは当り損ない。
 1回に2死3塁から、その当り損ないの3塁線へのゴロが内野安打に成り1点。2回には無死2塁からサードゴロのファースト悪送球で1点。得点はこれだけ。
その後も緩いボールを打ちあぐねフライも多く得点出来ない。結局、引き分け抽選で残っただけ。
内容は良くなかったが負けはしなかったから良し、とすべきかも知れない。

 伊賀まちのグランドに着いてからのアップやキャッチボールを見ても一生懸命やっているのは何人いただろう。僕には数人しか見えない。
結果、それがプレーでの結果に出てしまっている。
どうせやるならもっと楽しくやろう。エラーしても、ミスしても、四球出しても大きな声でつなげばいいんだよ。誰でもミスはするんだから!下を向いていたら次にはつながらないよ。
 明日はもっと楽しくやろう!!

2016年8月18日木曜日

西武プリンスドームへ。

 今日はBチームのティーボールの全国大会。
チームの皆さんはバスで移動。西武プリンスドームでの大会だし出来れば応援に行きたい。
仕事の都合も着いたので17日のお昼に家を出た。
日帰りでは無理な距離なのでモモ達も一緒。球場の近郊ではワンコと泊まれる宿は殆どない。
以前に泊まって、とても印象の良かった山中湖のWOOFの部屋が空いていたので前日に予約。

 いつもながらの東名阪の登りの渋滞。高速に乗る前に13キロの表示が出ていたので、諦めて23号線を走り湾岸の川越南まで1時間15分ほど。こちらの方が正解だろうね。
御殿場JCで事故渋滞の情報だったので、ここも手前で降りて山中湖へ。
 5時頃には着いた。

 ここは富士山のふもとの広く大きなドッグラン。雲が多くて普段は正面に見える富士山は見えなかったけどね。ワンコ用のプールも色んな設備も整っている。リピーターが多いのもうなずける。
モモもマーキュリーも一杯遊んだよ。

 早朝もワンコ達と遊んで6時前にはホテルを出た。ここから西武ドームまではナビでは1時間50分ぐらいと出る。グーグルマップでも近い数値を表示する。
でも、今回特に渋滞時や経路を選択する時に車のナビよりもスマフォのグーグルマップの方が解りやすく役に立つのがとても良く解った。間違いなくピンポイントだ。

 そんなグーグルマップを使いながら西武ドームへ。山中湖から1時間半ほどで着いた。
モモ達を少しお散歩させてから球場へ。


西武ドームのセンター奥の開場門の回りに受付などがあり沢山の選手や人達がいる。そんな中に黄色のツバの防止はすぐに解る。Bチームの皆さん、本当にお疲れさま。
もう会社のお盆休みは終わりだろうし殆どの方がお休み取って来てくれているんだろうね。

 Bの子供達はそろそろ入場行進の準備。ご父兄の人達も殆どが球場内に入って子供達の入場を待つ。
そして8時半過ぎには入場行進が始まった。子供達はちょっと緊張気味。。
そして開会式が始まる。全国大会だけに数人の挨拶が続く。ちょっと長かったかな。

 それが終わるともうすぐに試合準備。殆どアップする間も無くゼッケンをもらいキャッチボールしながらゼッケンをつけるぐらいの慌ただしさだった。
初戦に対戦するのは山形のチーム。神戸は後攻だったが、初回にランナーを置いての2本のホームランなどを打たれる。このチームは守備に成ってもバッターやランナーの状況に合わせてシフトを替える。長打を狙われそうなバッターの時は内野は3人。後は外野を詰める。逆のバッターの時には4人でも5人でも内野へ詰める。

 緊張も有ったのだろう。チーム全体にいつものバッティングも出ていなかった。一番の大きな差は捕球や送球の差も有るだろうが、ポジショニングの差だと感じた。監督さんがサインで指示を出していたようだし、その様に動いている子供達も良く練習しているんだろうね。外野に飛ばしても捕球されてしまう。この様なポジショニングや狙ったところへ打つバッティングは全国で勝つには必要な事なんだろうね。

 残念ながら敗れてしまったけど良く頑張ったよね!ここまで来たんだから。
選手のみんな、また監督、ご父兄の皆さん、本当にご苦労さまでした。子供達をこれからも応援してあげて下さい。

 少し早めに球場を後にし、ゆっくり休憩して、サービスエリアのドッグランにも寄りながら帰って来た。
さあ、次はAチーム。この週末は伊賀大会。そして労金杯の県体会だ。
県大会の会場は多気スポーツ公園野球場。試合は2試合目だが、松阪のチームの監督さんからそれまでのアップに小学校を使って下さい、との連絡を頂いた。嬉しいね。本当にいつもありがとう。
 初めて労金杯の県大会に出場した時も2試合目で、あの時もアップの場所に困り急遽、桂瀬のソフトボール場を借りた覚えが有る。
しっかり気持ちを入れて練習して頑張って行こう。

2016年8月14日日曜日

お礼。

 先日の12日は神戸で津島から合宿に来ているチームとの交流戦。
私は家の法要で申し訳なかったですがお休みを頂きました。
お墓参りしてお供え物を買いにぎゅーとらさんに行くとチームのママさん達ともお会いしました。
また神戸OBのお母さんともお会いしました。

 昨日はカツミとお母さんがスコアブックも届けてくれました。
それを見ると2連勝!!
津島のチームの代表さんからはお礼の電話も頂きました。
ご父兄の皆さん、平日にも関わらずありがとうございました。
去年のキャプテン、タイキ達も来てくれた様だね。みんなありがとう。

 気候は僕はそれ程とは思っていませんが、夏らしく暑く成って来ています。
皆さまにもこのお盆のお休み、体調崩す事の無いようにゆっくりお過ごし下さい。
また来週にグランドで!!

2016年8月11日木曜日

声でつなげ!!

 今朝もいい天気!
このところ各地は猛暑のニュースが流れている。それでも津の早朝は涼しくてワンコのお散歩には丁度いいぐらい。日中も確かに暑いだろうが今までもそれ程の暑さは感じない。

 先週の神戸のグランドは雑草が良く伸びて来ていたし、この晴れ間が続くお天気ではグランドはカラカラで車で均しをしたらホコリまみれに成るだろう。
草刈機を準備して刈るつもりでグランドへ出かけた。
 すると、学校の方でグランド内は大方刈られていたね。今は用務員さんは常駐していないし誰が刈ったんだろう。先生方かなあ・・。ありがとうございました。
練習が始まってノックの時間ぐらいまでグランドの外周を刈っていた。

 今日はコウセイ、アツキがいない。リュウガも頭が痛いようでしばらくしてから休んでいた。
残る9人。
今日の練習の課題は声をつなげる事。
内野がボールを抜けてもその後の外野からのボールがすぐにつながる様に。
後はピッチャーが代わった時の内野の連携の確認。
そしてピッチャー組のフォームの確認と後はバッティングだ。

 内外野の連携は声さえつながればプレーはつながって来る。カットマンにソウイチロウを入れて繰り返した。もっともっと低く構えて大きな声で呼んでほしいなあ、ソウイチロウ。

 ロングティーではセンター中心を狙ったスイングに徹底。ボールのコースも打つコースも頭の中にイメージを描く。先週、やっと兆しが見えて来たマナヤもまずまず。ハルトも同様良く成って来た。
カツミ、ハヤトはグリップが下がり気味。アッパースイングに成りやすい。その分上がるフライが多いよ。
 二巡目からのティーの間に投球練習も入れた。
マナヤのスピードは段々出て来ているね。フォームも特に変えたいところは無い。後はコントロールだけだ。
ソウイチロウにも投げさせて様子を見ていた。キャッチで見るボールの目線とバッターに入って見るボールの目線は少し違う。特にソウイチロウは腕が真後ろから回って来るのでインハイのボールは凄く見にくい。ボールの出どころが解り辛い。アウトコースや低目に流れるボールは見える。
多分、身体の開き具合でその変化が出てくるのだろう。インコースを投げる時の前の肩が開かないフォームで安定して投げれたらコントロールはもっと良く成るだろうし、実戦でもタイミングはとても合わし辛いと思う。

 ハヤトは凄いボールが有るが、フォームはまだ。まずはストライクの取れるボールを作らないといけない。まだまだ肘から先でコントロールしようとしている印象。フォームさえまとめる事が出来たらもっとコントロールは良く成ると思うぞ。

 リオのオリンピック。体操の内村選手が逆転でのV2。彼の強さも凄いけれども、その彼のコメント。
「最後の鉄棒を終えて、もう全ての力は出し切った。後は結果を待つだけ。何も後悔は無かった。」
そして今年のガールズトーナメントの全国大会。
あのスモールさんの2人が中心に引っ張っている三重代表のチーム。何と全国優勝したね!
確かにあの2人には僕達が対戦しても全く勝てないんだから、素晴らしい力が有る。
 でも次は県大会での対戦がとっても楽しみ。子供達の頑張りに期待したい。
こちらがガールズの全国大会結果です。

 みんないい物を持っている。でもそれは気持ちをつないでチームの力に成らなかったら意味は無い。ミスなんていいんだよ。大事なのはチームで野球をする事。
悔いのない様に思い切ってやろう!

2016年8月9日火曜日

素晴らしい乗鞍!また次へ!!

 昨日は今年にどうしても行きたかった乗鞍岳へ。
3年振りの乗鞍。お天気予報もずっとリサーチしてましたが、この日の予報は霧のち晴れ。
でも、僕は晴れ男だよ!!
素晴らしいスカイブルーと素晴らしい山々!!
山頂にスタバのコーヒーとお菓子をお供え。富士山も登ったし今年の目標は達成出来たよ。
娘もひなたも一緒に。雷鳥にも会えて素晴らしい乗鞍でした。






 そしてその帰りの車中。
天皇陛下のお言葉。相変わらず素晴らしい方だと尊敬する。このような方が国民の象徴としておられるから色々有っても日本はまとまれる。こころを一つに同じ方向に向ける事が出来る。その様な事がないアラブや紛争が絶えない国。。日本人で良かったと本当に思える。
全く大きさは違うが、これはチームワークの基本だよ。

 以前に高野山にお参りした時に、高野山中、高校野球部のバックネットに貼られているこの看板。これは漢字で「チ、ム、ワ、ク」と読む。チームワーク。
それぞれの意味をみんな良く考えて欲しい。

 そしてとっても嬉しいイチローの3000本安打達成のニュース。
普段からとてもクールなイチローが涙していたね。中々結果が出ない中で人とも会いたくないと思うほど苦しい気持ち。とても良く解る。
そして、
「僕が何か成し遂げる事で、本当に沢山の人達に喜んでもらえる、という事が改めて解った。また次の目標に向かって頑張れる」
学ぶところは一杯ある。

 リオのオリンピックで金を取った選手よりも敗者復活戦で銅メダルを取った柔道女子の中村選手の言葉。金を狙っていただけに悔しさがにじみ出ている言葉だったけど、両親や応援してくれる人達への言葉に泣けちゃったね。

 さあ、暑い夏。次へ頑張っていこう!

 

2016年8月7日日曜日

気持の見えるプレーを!!

 今日は関大会の交流戦。
早朝の空模様は雲も多く、予報は晴れだったがそれよりは雲がかかるような。。少しは暑さもマシだろう。

 今日の交流戦はマナヤも、もちろんヒロトも使わない。ソウイチロウとマサトで行きたい。
会場へ行くまでの車の中でも口野コーチとそんな話をしていた。特にソウイチロウには気持ちの見えるプレーを見せて欲しい。

 1試合目は羽津さん。
先発したソウイチロウは高目に抜けるボールが気になるが1回は三者凡退。
その裏、2番に入ったハルトが高めのボールをレフトオーバーのHRで1点先制。続くハヤトも出たがマナヤの調子が今は出ないね。今日の試合で何とか感覚を戻して欲しい。

 2回にヒットを打たれたが後続は抑えた。3回も1死後に2四球の後も抑えた。
サードに入ったマサトの動きがいい。一つ目が離れてはじいてしまったが、その後のバッターの打球はファーストマナヤのセカンド寄りのハーフライナー。マナヤが飛びついて好捕しDP。
6回は3塁線横のライナーをマサトが横っ飛び好捕!2死に成って三遊間寄りのゴロに飛び込んでグラブに入れて送球も間に合いアウト。ナイスサードだったね。
ソウイチロウにもこれぐらい出来るハズだよ。そんな気持ちの見えるプレーを見せて欲しい。
 投球では3四球とレフトへ抜けたヒットだけ。失点無しだしバックも良く守ってくれた。

 打線は3回にマサトが出て盗塁、3塁に進んでリュウガの時にWPで2点目。4回はカツミの右中間の打球が抜けてHRで3点目。でも普通ならシングルだろうね。
5回にはマサトのライトオーバーのHR、リュウガのヒットからマナヤの打球が右中間に落ち4点目。でもこれも相手のミスだよ。6回にはソウイチロウのヒットから2死球、ハルトのレフトへのタイムリーなどで3点。相手のミスも有ったが、試合展開としてはソウイチロウは6回投げたし、バックもいいプレーで盛り上げたいい内容だった。

 昼食の後の2試合目はみどりさん。2014年のスポ少の県大会決勝で戦ったチーム。あれから団員の減少などで活動も目立っていなかったが、監督さんもユニフォームも代わって新しくスタートしたようだね。
 
 先発したマサトは力みのない投球でボール打ちも有ったが無四球で1安打で4回無失点。
バックもまずまず良く守っていたが、気に成ったのはサード後ろのフライ。ソウイチロウは立ってしまうので後ろにスタートが切れない。レフトに入っていたユメトももう一つ思い切りが欲しい。どちらかが勝負してくれないと、これは打ち取った打球だよ。ユメト1人には悪いけどコウセイに交代した。捕れなくてもいいんだよ。何か気持ちの見えるプレーを見せて欲しい。
 もう一つ、慣れないセカンドかも知れない。今日から試合に入ったカツミはその1塁ランナーが出てハヤトはセカンドへ投げたが入り切れなかったね。
気になったプレーはそれだけだった。

 打線では和歌山から詰まる打球が多かったハルトのタイミングが合って来てタイムリーも打っている。ハヤトも好調を維持してくれてるようだ。キャッチでも和歌山のようなプレーは無く良く引っ張ってくれていた。
 こする小フライや内野ゴロも多かったマナヤにいいライナーのHRや打球が出て来た。ケガ開けのカツミもヒットを打ってくれた。
何度も注意はしたが点差は有っても雑なプレーは目立たず、ディフェンスもまずまず内容は良かった。
 今日の2試合、予定通りのピッチャーでしのぎ全体としては打線の上向きも感じられるし良い内容だったね。

 来週は11日に練習して12日は合宿チームとの練習試合。お盆休みを挟んで翌週は伊賀大会、そして労金の県大会だ。それに向けてしっかり調子を上げて行こう!
ご父兄の皆さんも暑い中の応援ありがとうございました。