2016年9月25日日曜日

課題多き、初めての新チームの試合。

 今日は神戸で練習試合。
早朝のお散歩から東の空は明るく朝焼けが見えた。今日のお天気は大丈夫だろう。

 グランドの外野、Bコートのレフト辺りはまだぬかるみが多い。車でグランド均しをしていても滑ってしまうぐらいに。
10年程前、Aのセンター辺りからBのレフト方向へは草まみれで雨が降ると今日の様にぬかるんで中々乾いて来ない。ここを均し続けて2年近くかかってBコートでも練習出来るようにした。そう言えばAのライト後方からBのレフト辺りまでずっと雑草が一杯だったんだ。

 グランド準備をして練習を始めると戸木さんも来てくれた。今日は両チームとも運動会の学校が有ってメンバーは少ない。それでも何とか新チームの試合も入れて3試合ぐらいは出来そうだ。
9時半から始まったAの試合。
カツミの先発で始めたが今日はボール球が多かったね。それでも3四球だったのは良くガマンしたと言うべきかな。ヒットはレフト前の1本だけ。ハヤトが緩急を指示しながら上手くリードしてくれていた。そのヒットのランナーも6-4-3のDPでしのぐ。今日はセカンドはケイジロウだったが良くつなげたね。バックのミスも無い。センターのコウセイも右中間の飛球を好捕する。終わって見れば無失点だった。

 打線は初回にハルト四球から盗塁。ソウイチロウがしっかり送ってハヤトが右中間へ上手く返し先制点。これぐらいのバッティングはハヤトならもっと出来ると思うけどなあ。
3回も先頭ハルトが四球。ソウイチロウが追い込まれながらセカンド横を抜き、1,3塁。
ハヤトにはまず追加点をと一塁線を狙わせたが2つファウル。2,3塁から今度は何とかセカンド方向へ転がして1点。マナヤも三遊間を高いバウンドで抜いて再び2,3塁からカツミにはランをかけた。ソウイチロウのスタートは今一つだったがカツミは何とか転がし内野ゴロで追加点。

 ここまで攻撃の内容としては完璧だった。ランナーを先の塁へ進める事が出来て3塁に置いてからタイムリーやゴロで追加点を取る理想的なパターン。4回には先頭ハルキが四球で出て盗塁、ケイジロウがしっかり送り1死3塁。ユメトには2-1からランをかけたがハルキは気が先走り牽制アウト。これは反省しないとね。相手も同じ事を考えてる。もっと用心すべき、覚えよう。

 6回にはカツミ、コウセイの四球からハルキはセンター横へ2点タイムリー。昨日のティーバッティングでもそうだったが、今一番ミート出来ているね。この試合ヒット2本、四球と全部出塁している。
このまま好調を維持して欲しいね。
 
 Aの試合は今日はこの試合だけ。来週はぎゅーとら大会が有るしその後は滋賀の大会も。県大会に向けてそれらの試合も調整しながらベストに持って行きたい。

 そしてその後の新チームでの試合。マサトやリュウガは居ないが4年生はみんな居るしどんな試合に成るだろう。
まだマナヤは投げさせたくないのでケイジロウに先発させた。キャッチはブンペイ。まだ全体練習もしていないし守れないだろうとは予想出来た。ピッチャーの四球もまだ仕方なし。けれども5年生のハルトもマナヤもいつものディフェンスが出来ていない。声も出ていない。
 この試合はコーチに任せて外から見ていたが、一番はそこだね。まだチームとしても練習していないし、いきなりの練習試合だから仕方はないが、3人しかいない5年生が大人しすぎる。ハルトのファーストへの送球もマナヤのバックフォームもアウトに出来る送球では無かった。
四球やそんなミスが失点につながっている。

 攻撃では初回にマナヤのタイムリーなどで4点は取れたが5回で得点はこれだけ。
特に4年生は初球打ちが目立つ。負けている時の攻め方も覚えて行こう。積極性はいいがチャンスは待てだよ。相手が有るんだから。

 ディフェンス、バッテリーはゼロから。内野はそこそこは出来るだろう。自分の半径1mをアウトにしてくれたら試合には成る。外野は打球への動きから、捕球から、カットプレーから。これからしっかり練習だね。まずはディフェンスをしっかり作る事。年が明けるぐらいには形をしっかり作りたいね。

 午後からの2試合目はユウトで先発。ボールの力は有るが今のフォームではコントロールを安定させるのはちょっと難しい。体がしっかり出来た高校生以上ならいいとは思うが。。
昨日の練習でもそんなフォームの修正をやりかけたがずっと投げて来たフォーム。そうそう簡単には直せないだろう。ビデオを見せればすぐに解るんだけどね。それでも3回5四球出しながらボールの力で相手を押している感じ。ボールを見られたらもっと四球は多く成るだろう。

 4回からは前の試合で2回投げたユメト。2回で3四球。登板前にブルペンでフォームチェック。バッティングも一緒だけどユメトも頭が前に流れる。だから後ろの腕が下がる。ヒジが下がってボールは意識よりも後ろで離れるんだろうね。高めの抜けるボールが多い。出来るだけ真っ直ぐ立って後ろのトップを決める事。そうすれば体の前で腕が振れるよ。これが出来たら大体入る。そのイメージでリリーフ。5年生だからね、頑張ってもらわないと!

 そのユメトは4回からの3イニング。1四球だけでノーヒットだったよ。
打線はヒットは有るがストライクは打っていない。これは参考には成らないよ。どこがストライクゾーンか?の勉強も必要。マナヤもハルトもノーヒット。特にマナヤは体が開きすぎだね。

 試合後のフリーバッティングでもそれが見える。しっかり体重をかけて振っているので当たれば飛んで行く。後は左足、左腰を開かない様にする事だよ。
今日の試合で大体の力は解った。それぞれにやらなければいけない課題も解った。やる事は一杯あるぞ!
 子供達もご父兄の皆さんもチーム一丸でご協力をお願い致します!!

2016年9月24日土曜日

野球は楽しく!無心で!雨中のヘッドスライディング!

 今日は神戸は土曜授業で参観日の様だね。練習は午後からにしたが予報では雨が気に成る。
モモ達とお散歩出かけた6時前。空は一面どんより。。今にも降って来そうな空模様だったが、帰って来る頃には雲が切れて青空も見えてくる。これなら大丈夫だろう。

 明日の練習試合相手の戸木さんの子供達の学校は運動会が有る。流れたら練習試合は出来ない。ヒロトやハルト達も一緒。
しばらくしてから確認するとヒロト達の学校だけ明日に延期に成ったようだ。すぐ近郊の学校はやっているのに。。とは思うけどこれも仕方無し。これで明日に試そうか、と思っていたヒロトのピッチングも無くなった。マサトも。調子が出て来たリュウガも残念。

 そんな午前中にモモ達と遊んでから全く進んでいない秋季大会の準備、要綱作り。
今夜は支部総会も有る。ある程度の形は作りたい。
久し振りに必死で頭を動かしたよ。
9時頃には雨も降って来る。それが10時に成っても止まない。

 11時頃には要綱は3ページ出来て支部総会には使えそうだ。
そこから偕楽霊園へお墓参り。明日はお彼岸明けだし、試合だから行けそうもないからね。

 1時前にグランドに行くと今日は4,5,6年生が集まって来てくれている。ヒロト達が運動会だと4人はいないから、と4年生も合流してもらうようにお願いした。
雨は続くし、練習場所は中庭や昇降口ぐらいしか無い。
アップを見ていると走り方も4年生は個性が一杯だね。投げ方もバットスイングも。
でもみんな同じスイングでは面白くも無い。個性も無い。基本は抑えながら出来るだけその子の個性を出せるスイング、投げ方、走り方にしたい。

 最初は5,6年生のティーバッティングはコーチやお父さんに任せて4年生は投げる基本のフォームから昇降口でテニスボールを使いながら行った。
まず後ろのトップを作る事。苗字は違うが2人のユウトが上体の突っ込むフォーム。1人は頭から、一人は腰から前に折れてくる。だからコントロールしにくい。ワンバウンドで上がる。ここは直して行きたい。このクセはバッティングにも出てくるんだよね。

 リョウセイとコウセイ。兄弟でもフォームが全く違う。走り方も腕の振りも違う。やっと名前と顔の違いが解って来た。ブンペイは身体が大きい分一番クセが無いかな。スイングも早い。特にいいのはヒッチでもヘッドが動かない事だ。スピードに慣れたら上級生のボールでも返せると思うね。
ケイジロウはまだスイングを詰める途中、未知数だ。ユウスケはまずミートするスイングを身に着ける事。まだ小さいウチはドアスイングでもいいと思う。

 5,6年生はティーバッティングの後、少し小振りに成ったのでお父さん方にお願いしてグランドでロングティー。4年生達の練習の合間にのぞきに行くと楽しそうにワーワー言いながらやっている。
今日の練習始める前、目に着いたのがソウイチロウの動きが軽そうなんだなあ。。何でだろう、と思っていた。トンボを持っても駆け足で走っている。今までに無かったよ・・・と思って考えていた。

 3時半を過ぎても雨は収まらず降り続く。今夜は支部総会も有るしそろそろ練習も終わりにしよう、と子供達を見ていたらみんな濡れたグランドでドロドロに成っていたね。
大した練習はしていないが、何だかこういうのは大好きだ。野球小僧らしくてとってもいい!!
昔も何度かやった。雨上がりの練習の日に守備練習など徹底すると本当に練習したような汚れ方になる。お母さん方には申し訳ないけどね。

 雨はまだ止まない。もうそろそろ練習も終わり。みんなの嬉しそうな顔とその汚れたユニフォームを見て最後にヘッドスライディングの練習をやろう!とホームベース上にブルーシートを敷いてもらってしばらく雨に濡らし水を溜める。
 
 さあ!すべるぞ!!
みんなの楽しそうな表情。お母さんには申し訳ないと思いながらも、この子供達の楽しそうな表情は!!僕らも童心に戻る。何年か前かなあ~。同じような時にやろうとしたけど引く子も居たしお母さん達の表情も・・・。だから止めた。
 でもね、ソウイチロウがね、一旦滑ってから「よし、もう一回行くぞ~!」と自分で大きな声で言って走って行くんだよ。今までにこんな事は一度も見た事が無かったよ。他のみんなも一緒。もう終わり、と言ってもやりたがる。滑って来る。この無心さがいい!!

 それ程、チーム力が凄いとも思えないこのチームのあの粘り腰はこんなところも力に成っているように感じるね。ソウイチロウが普段の練習でもあの無心さを見せてくれたらもっと上手く成れると思うなあ。
ワーワー、キャーキャー、本当に雨の中の楽しい時間だった。
そのスライディング模様をスマフォのビデオに撮ってまとめてみました。
You Tubeにアップしています。

そのアドレスはこちらです。→ 雨中のスライディング練習

見てやって下さい。もっとバケツで水をまいて洗剤垂らしても良かったね!
 野球は楽しくやろう、これからも!!子供達も一緒だよ!

2016年9月22日木曜日

雨の秋分の日

 今日は秋分の日だね。
天気予報は一日雨。
早朝にモモ達とお散歩の時はまだ小振り。段々強く成って来た。グランドも水浸し。
お昼ごろには少し雨雲も切れそうだが午後からもまた来そうだ。

 9時半からの練習にして午前中は中庭でティーバッティングの練習をしよう。4年生も今日は一緒に練習の予定だったがこのお天気では練習場所も無いので4年生にはお休みの連絡を入れてもらった。

 グランドに行くと少年団の合宿大会に行っていた5年生達も2週間振りに揃ってくれた。
皆で中庭にネットを張って準備。
雨は小降りで上がって来そうだが練習はもう午前中と決めた。それまでしっかりバットを振ろう。
 
 そしてアップしてから中庭で、お昼までずっとティーバッティング。
みんな大体振れている。
まず直したいのはソウイチロウ。2段モーションの様なスイングを左の腰中心で回る速いコンパクトなスイングに。中々クセを直すのは難しい。そんな中でバスターからのスイングの練習をさせるとコンパクトでいい感じに成って来る。

 大会でもヒットを打っているハルトはいい感じだ。マナヤも顔を残してくれたらそれでいい。ヒロトは外のボールは腰砕けで体も前に流れてフライ。少し引っ張り気味の方が体が残っていい感じだ。
マサトはまだドアスイングに近い。もっと両肘を前に持って来よう。
 リュウガはバスターから振らせると体の軸の動きが少ない分、ミート出来そうだ。腕っぷしは強いからね、これでも内野は充分超えて行くだろう。

 ハヤトは少しアッパー気味でもミート出来ていたらいい。ただ動き過ぎないように。カツミはもっとバットスピードが欲しいな。
先の大会で大事なところでタイムリーを打ったハルキ。今一番キレイにミート出来ている。コウセイもヘッドが遅れてくるスイング。後はタイミングだけ。ユメトも振れているがもう少し顔を残してタメを作ればこねる打球はもっと減って来ると思うよ。

 これだけバットを振っても試合で打てるのは数本だろう。集中して練習して、試合では考えて狙って少しでもいい結果を出せるように頑張って欲しい。

 午後からの練習は雨を予想して休みにはしたが、2時過ぎからはずっと霧雨状態で外では出来る状態だったね。お天気の事だしこれも仕方無し。
そんな午後からの貴重な時間、雨対策をしながらマーキュリーとマウンテンバイクで1時間半のランニング。モモもちょっと。いい有酸素運動だった。

 この日曜は久し振りの練習試合を入れた。
今年の年初のベルカップでのふがいない試合以来、必要な練習試合以外はほとんど入れずに出来るところは練習時間に費やした。
例年なら8月中には今までのほとんどのチームが100試合を超えていたが、今年は9月の秋季予選を終えてまだ80試合にも満たない。それでいて7割を超える勝率。僕はこれで良かったと思っている。ピッチャーも充分な体力では無かったしね。

 これから秋季県大会に向けてベストで向かえるように調整して行こう。

2016年9月18日日曜日

モモとフクちゃん。

 今日は神戸で練習。5年生はいないが新チームの4年生達が一緒に練習する予定だ。
けれども早朝から小雨模様。それでもモモ達のお散歩はゆっくり終える事も出来た。
6時頃からは雨が続く。小雨だしグランドは水も無く全く問題なかったが、津は雷注意報も出ている。天気図はどう見ても午前中は小雨が続くだろう。
 練習は午後からの連絡を入れた。

 ワンコ達のお散歩だけどね、朝晩のその時間に良くご近所のワンコ達と出会う。
そんな中にBチームの監督さんのワンコ達や先週に5勝目を上げた54番のお母さんのフクちゃんとも毎日の様に出会う。
でもモモもマーキュリーも大型犬などで相手が吠えて引いてしまうがフクちゃんとモモは挨拶出来るようになった。マーキュリーはこの夕方も出会ったがまだダメだなあ。
モモとフクちゃん。


 雨の午前中の貴重な時間。そんな時間に労金杯県大会の三重テレビでの放送が始まった。
皆さんは見ましたか?カツミのインタビューはちょっと緊張していたのかな。
番組の先頭に神戸の子達の行進が映っていたね。
一番見たかったあのマナヤのボークの場面。マナヤのその時の投球も映っていた。あれ、ボークだろうか?確かにゆっくりは動いている。マナヤは左足を上げた状態で最後につま先が動いて着地に入る。あれでボークかなあ。今度、審判部長に聞いてみよう。

 午後からの練習は4年生達と体験の子も来てくれた。
キャッチボールはみんなそれなりに個性が強い。これから一番大事なのは一つのアウトを確実に取れる捕球と送球。相手が捕りやすい送球。まずはこの練習からしっかりして行きたい。
 守備練習も見ていたが大体みんな出来るね。これからが楽しみだ。

 トスバッティングからフリー。最後はヒロトとカツミに投げてもらって一巡だけだけどシートでも打たせて見た。投げたくて仕方が無いようなヒロトはボールのスピードは戻って来た。けれどもストライクを取る練習のつもりで投げさせたがそれがフォームで出来ていない。打たせる練習なんだからね。下位打線の時のピッチングだよ。それが出来ないと上位に回ってやられるパターンに成ってしまうよ。

 これから熊野の県大会が終わるまで、4年生の練習もチームで都合をつけながら進めて行く。
10月のぎゅーとら大会からずっと大会が続く。Aチームはそんな中からも県大会に向けて個々のレベルアップが課題だよ。いい結果を出せるように頑張って行こう。

2016年9月17日土曜日

中学野球の観戦

 今日は5年生達はスポーツ少年団の東海ブロックの少年大会に参加で6年生の6人だけ。
先週に見学に来て頂いた海星中の監督さんが17日に朝陽中で練習試合をすると聞いていた。午後からは西郊中もと。出きれば見たいなあと思っていた。

 そして子供達は秋季大会予選を優勝した。5年生はいないけれど少しぐらい練習を休んでも良いだろう。それで今日は6年生達を連れて朝陽中へ練習試合の観戦をする事にした。

 朝陽中に行くと海星の選手達はアップも済ませてこれからキャッチボールというところだった。
もちろんケントもリョウマもいる。ケントは投げれる様には成ったが今度は右足のかかと付近を痛めているようでまたしばらく投げれない様だね。そう言えば先週に神戸に来てくれた時も足が痛いとは言っていた。縦に良く伸びたから成長の身体のアンバランスからくる成長痛とも言えるのかな。肩が良く成ってトレーニングを一気にした事も影響しているだろうね。
 だから今日はケントは投げれない。一年生のリョウマは神戸の時と同じように良く声が出ている。
試合中もベンチから良く声が聞こえていた。ベンチでのキャッチ役も大きな声でこなしていた。お昼の1年生の短いチキンゲームにはライトで出ていたね。

 朝陽と海星さんとの試合は思った程、点差が広がらなかった。もっと海星さんが点を入れても。。と思うような展開だった。外野を抜ける打球も少なかった。レフトへ来たのは1本だけだったかな。それも詰まっていたよ。

 午後から来た西郊の選手達。レイヤは大きく成ったね。ソウイチロウもシンペイもユウヒもいる。
海星さんとの試合、そのポジションを見ると、ショートはソウ、ファーストはレイヤ、センターにシンペイ。神戸の時とそのままだったね。
 西郊のピッチャーは何だか慌て過ぎ、力み過ぎの様に見えたね。もっと落ち着いて少しフォームでタメを作ったらもっとストライクが入ると思うな。
リードされて中盤からはシンペイが登板する。シンペイはあんまり身体が大きく成っていない。最初はソウかと思ったぐらい。でも投げ方ですぐにシンペイと解った。
 神戸で投げていた時より腕の振りは小さく成ったような気がするなあ。後ろの返し方も小さく身体に近い。だからスピードは無くてもストライクが入るんだろうね。少し押し出すような印象。もう少し大きなフォームでもいいと思うな。
 
 その代わりにセンターへ入ったのはユウヒだったね。みんな背番号を着けていないし、僕は外野の奥で見ていたので最初は解らなかった。シンペイの投球をセンター前に返された飛球。ユウヒは余裕で前に走って捕球していたね。バッターボックスでも良く粘っていた。
 
 打順はソウが2番。1番の左バッターが西郊ではチャンスメーカーの様で良く出塁していた。4番はレイヤ。今日は打球は外野へ飛んで来なかったね。もっと頑張れ。
この試合は最後は1点差だったけれども、その差はディフェンスの差かな。西郊は1,3塁で2度走者を刺されている。時間差でスタートするような小学生でも良くやるプレーだけど、海星さんは慌てずリードの大きかった3塁ランナーを刺し、2度目は1塁ランナーを2塁で刺される。後はお互いにミスも有る。

 最後にソウが投げて1死から左バッターに三遊間。今までのソウがショートを守っていたらただのショートライナーだろう。盗塁されて1死3塁からスクイズ。この1点が重かったね。

 子供達にはせっかく見に来ているんだからピッチャーのフォームや外野手のカバー、どんなプレーをしているのかしっかり見ておけ、とは言ったけど少しは頭の中に入ってくれただろうか。
明日からはしっかり練習だよ。

2016年9月16日金曜日

校長先生と優勝報告

 今日は仕事の帰りに小学校へ。
色々お世話に成っている校長先生にこのところの子供達の快進撃の報告。
 学校に行くとキャプテン、カツミからも少しは話しも聞いておられるようで今回の秋季大会の結果はご存じだったけど、まあ、それまでの試合の内容をお話ししていくと、本当に感心してくれていた。

 労金杯予選はカツミは骨折で出れず。
ヒロトはそこまでは何とか投げてくれたが、カツミのケガが直りかけた頃に調子を落とした。
そんな中での名張大会や関大会。そしてカツミが戻って来て逆転続きで優勝した伊賀大会。
労金県大会は残念だったけどもやっとヒロトもカツミもゲームに出れた秋季予選。もう9月も中秋の名月も過ぎ10月の熊野まで一月も無い。しっかり練習していいゲームをしたいね。

 ちなみに労金杯の模様はダイジェストで18日の朝7時から三重テレビで放送されます。1時間半ほど。
また見てやって下さい。

 そんな中、もちろん高木選手の事も。あの11日の秋季大会で優勝を決めた日にドームで先発で投げてたんだね。テレビの中継は殆ど見ない僕は知らなかった。校長先生はその翌日に勇んでスポーツ新聞を買いに行ったそうだが広島の優勝が決まった後だったし、5勝目を告げる記事は小さく一面では無かったので、小学校の職員室の廊下の掲示板には少し日焼けした4勝目までのスポーツ新聞が並び、5勝目はネットでの記事を2枚プリントして張ってくれていて、説明までしてくれたよ。
 
 もうすぐパラリンピックも終わるけれども選手達の言葉には泣かされるね。。
凄いとしか言葉が出て来ない。無心に頑張る姿には心を動かされる。
小学生の野球でも、、無心に頑張る子供達。。あの場に居た人達に本当に素晴らしい感動をくれたね。6年生達はそろそろ後半戦。まだまだ大会は続く。
 またチームみんなで感動出来るように、いいゲームが出来るように頑張っていこう!

2016年9月11日日曜日

とっても良く頑張った!!秋季予選優勝!!おめでとう!

 今日は秋季マクドナルドカップ県大会の津予選、決勝トーナメント。
モモ達とお散歩する早朝の空は一面雲に覆われていた。でも天気予報は午前から晴れ。
きっと空は晴れてくるだろう。

 第一試合に合わせて7時20分には神戸を出たが相手の桃園さんはもうオオタカのグランドも殆ど準備してくれていたね。いつもありがとう。
桃園さんとは伊賀大会の準決勝でもいい試合をして最後はマナヤの長打で押しきった試合だった。チーム力も上がって来ている。 試合前のフリーバッティングを見ていても思い切りよく振れていた。

 ピッチャーはマナヤで行く。後の事は考えない。まず一つだ。
外野は伊賀大会でも良く守ったハルキをレフト、コウセイをセンターで、オオタカはライトが深いグランド。抜けても何とか足で返してほしいライトにヒロトを入れた。不安は有るけれども外野は6年生。これが県へつながる最後の大会だ。頑張って欲しい。

 先発マナヤは今日はボールもいい。コントロールもまずまず安定していた。ハヤトも上手くリードしてくれている。初回に2死から振り逃げのランナー。ハヤトは3塁側ベンチ前までボールを追ってファーストへいいボールをダイレクトに投げた。ランナーの1,2歩手前ぐらいでカツミは捕球した。でも審判はセーフ。1塁線の後ろから見ていた。あれは残念。
 2回にはサードのミス、四球などで2人出したが後続は抑える。4回には先頭4番バッターに粘られてに四球。嫌な感じだったが桃園さんはエンドランだったと思うね。打球はハルトの横。ハルトは左シングルで捕りセカンドへ。マサトもいいボールをファーストへ返して大きなDP。ナイスプレーだよ!

 6回にまた先頭四球。終盤の四球は命取りに成る。。続くサード前バントをソウイチロウは中途半端なワンバウンド送球でカツミは捕れず無死1,2塁。一番イヤな展開からライト、レフトへと3,4番に連続ヒットを打たれ2失点してなお無死1,2塁。
 でも良かったのはこの後を切り替えて守りきれた事だ。相手のバントミスも有る。2死からマナヤの背後のフライを誰も捕れず2死満塁にも成ったが良く抑えた。

 攻撃では桃園さんの1番の投球に中々チャンスをつなげられない。6回までマナヤ、ハヤト、マサトの単発のヒットだけ。四球も無い。バットを短く持てとは指示したがそれでも詰まる小フライが多い。ランナーが進まない。

 6回に2点先制され最後の7回も1死。ここからヒロトがレフト前。続くマサトは初球をライト前へ低い打球。1,2塁には成るだろう、と思ったがファーストへの返球を焦ったのかライトがこれを後逸。深いライトにボールは転がりマサトも返ってまた土壇場で追いついてしまった。
 そして調子が上がって来たハルキがセンターへ返して1塁。コウセイも初球押されながらも左中間に打球が落ち1,2塁。2死と成ってそれまでドン詰まりの小フライばかりのソウイチロウ。徹底して短く持たせた。スイングで言えば先に腰が回り、上体が遅れて回って来てバットが出て来ない印象だ。2球ファウルもまだ合っていなかった。3球目の打球はそれも詰まりながらもセンター前に落ちハルキが帰って1点勝ち越し。やっと気持ちが乗った打球だったかな。

 そして7回裏、先頭にセンター前。続くピッチャー前のバントをマナヤはセカンドへ投げたが送球が低い。マサトは捕れず無死1,2塁。タイミングはアウトだったからね。仕方が無いよ。その後送られて1死2,3塁には成ったが、最悪同点でもいい。特別延長に成ってもマナヤからだしハルトだけ前に出した。この後の3,4番をハヤトは良くリードしてくれた。マナヤも低目に良く投げた。ファーストフライ、キャッチフライに打ち取り守り切って勝利。バッテリー中心に本当に良く守ったね!

 チャンスをもらった次の決勝戦に向けて栗葉さんと高茶屋さんの試合を見ていた。
両チームとも連打が出ず、終盤に栗葉さんが2死からランナーを出す。でも高茶屋さんのファーストはベースを空けている。何で?2死3塁なら解るけど。。
 最近はプロでも良く見るね。1塁も3塁もカバーに入らないプレーをする。最近のプロの野球は参考にも成らない。普通なら簡単に盗塁は出来ない。でもこれでは走られるね。この後満塁に成りエースに代わったが詰まった内野ゴロがアウトに出来ず決勝点がここで入った。

 決勝戦は栗葉さん。伊賀大会決勝に続いての対戦。あの試合は7回裏の逆転サヨナラ。栗葉さんもリベンジで燃えてくるだろう。
先発はカツミでと決めていたがアップでは力みも見られて余り良く無かった。ヒロトも投げさせたがボールはヒロトの方が良かったね。マサトも準備してダメならつないで行くしかない。

 その初回先頭に右中間3塁打を打たれ1死からセンターへ返されて1失点。この後四球も出したが後続は良く抑えた。
その後は投球も落ち着き、ハヤトも低目に上手くリードしてくれている。2回以降は3安打散発の1四球だけ。

 3回にはヒットのランナーをハヤトが盗塁を刺す。4回にはマサトがトンネルしたがヒロトが良くカバーして1塁。このランナーもハヤトが2塁で刺した。マサトのキャッチング、タッチプレーも上手い。この試合のとても大きなプレーだったね。

 打線は2回にマサトの四球からハルキが送り、コウセイのゴロで2死3塁。ハルトの時にラッキーなWPで1点が入り同点。その後もランナーは出すが3塁までランナーを送れない。栗葉さんの外野は球際が本当に上手い。レフトもセンターもライトも抜けたかな、と思う打球を好捕する。どちらも良く守りとうとう7回、両チームとも決定打が出ず8回特別延長に成った。
 
 打順で行くと神戸は4番マナヤから。これも良かった。
8回表、力んだマナヤはショートボテボテ。これが内野安打に成り1点。カツミもショートゴロで2点目は入ったが1死2,3塁。ヒロトにはバントを狙わせたが良く選んで満塁。マサトは転がしたがホームはアウト。でもホームDPには成らなかったのがチャンスにつながった。
2死満塁で当たって来ているハルキ。ここでハルキはレフト前へ大きな3点目のタイムリー。これが本当に大きかった。

 その裏、先頭は1塁線のゴロ。マナヤは突っ込んで来たがファウルとでも思ったのだろうか。ランナータッチもホームへも投げず1点。落ち着いてやればどちらもアウトが取れたよ。
でもまだ2点有る。ハルトだけ中間で後は守らせた。キャッチフライで1アウトの後、一番マークの3番バッター。外野は深め。打球はその左中間へ飛んで行くがハルキが早く動いて捕球体勢に入って捕った。ラッキーだったのは3塁ランナーがタッチアップしなかった事。塁を離れて捕球してから戻ったね。2死と成って4番の打球はセンターへのライナー。深めだったコウセイがこれも良く判断して捕球し、また大きな1勝!8年振りの秋季の県大会出場が決まった!!
 この特別延長戦で言えば当たりそこないでも転がせたか、いい当たりでもフライやライナーだったか、それだけの違いだったね。

 今日は高塚審判部長も来てくれていたがあの時のケイタ達が出て以来だよ。
また春のスポ少県大会、夏の労金県大会、そして秋季の県大会も続けてと言うのもチーム始まって以来だ。運も沢山有る。でも運をチャンスにつなげて頑張ったんだからそれも力のうち。
 それにしてもこの夏からのこのチームの粘り腰は素晴らしいね。カツミのケガやヒロトの故障がありながら最後まで諦めずに良くここまで頑張って来ている。夏からのピッチャーとしてのカツミもとても良く頑張っている。ヒロトも戻って来た。
 今年はまだ県大会で勝てていないので最後のチャンス。みんなが揃って何とかいい結果を出せるように頑張って行きたい。

 今日もご父兄の皆さん、熱い熱い応援をありがとうございました。
コーチの皆さんも完璧にフォローしてくれました。皆さんとこの大会、最高の結果で終える事が出来て本当に嬉しいです!皆さま、ありがとうございました!
また頑張って行きましょう!